BFRトレーニングとサプリメントの組み合わせ

BFRトレーニングとサプリメントの組み合わせ

BFRトレーニングはミオスタチンの阻害とmTORC1活性化により、筋発達を促す。そこでBFRトレーニング時に特にお勧めしたいのがHMBの摂取である。HMBはロイシンとは独立した働きでmTORC1を活性化し(その割合は429.3%)、タンパク合成を促してくれるのだ。(※1、※2)

そしてHMBと同時にぜひ摂取しておきたいのが、ビタミンDである。HMBだけだと筋肉量は増えるものの、筋力はあまり増えないという報告もある。しかし2011年の研究では、ビタミンDとHMBを組み合わせることで、筋力を向上させる効果が得られたという結果が出ている。HMBを使っているのだが、どうも期待したほどの効果が得られないという方は、ビタミンDのサプリメントを必要としているのかもしれない。(※3)

またアルギニンもmTOR活性化に貢献する。(※4)これはNO産生とは独立した作用だ。そしてNO産生による血管拡張やインスリン作用増強、そして成長ホルモン分泌作用はBFRトレーニングの効果をさらに高めてくれることだろう。

なお血栓生成の危険性を低下させるために十分な水分を飲むようにするだけでなく、EPAの摂取も忘れないようにしたい。EPA摂取によって血小板マイクロパーティクル(MP)活性の低下、血小板凝集の抑制が起こることが、健康なヒト対象の実験で確かめられている。(※5)

さらにイチョウ葉エキスの摂取もお勧めしておきたい。やはり血小板の凝集を防ぎ(※6)、チクロピジンとの組み合わせで脳虚血に対する効果もあることが分かってきている。(※7)
さらに強力な抗酸化物質でもあり、BFRトレーニングの虚血再灌流に伴って起こる活性酸素の発生から身体を護ってくれる。

その他、αリポ酸やピクノジェノール、ビタミンCやビタミンE、アスタキサンチンなどの抗酸化物質も、できれば併せて摂取するようにしたいものだ。


※1:
β-Hydroxy-β-methylbutyrate (HMβ) supplementation stimulates skeletal muscle hypertrophy in rats via the mTOR pathway.
Nutr Metab (Lond). 2011 Feb 23;8(1):11. doi: 10.1186/1743-7075-8-11.

※2:
Attenuation of depression of muscle protein synthesis induced by lipopolysaccharide, tumor necrosis factor, and angiotensin II by beta-hydroxy-beta-methylbutyrate.
Am J Physiol Endocrinol Metab. 2008 Dec;295(6):E1409-16. doi: 10.1152/ajpendo.90530.2008. Epub 2008 Oct 14

※3:
Vitamin D status affects strength gains in older adults supplemented with a combination of β-hydroxy-β-methylbutyrate, arginine, and lysine: a cohort study.
JPEN J Parenter Enteral Nutr. 2011 Nov;35(6):757-62. doi: 10.1177/0148607111413903. Epub 2011 Aug 1.

※4:
Arginine protects muscle cells from wasting in vitro in an mTORC1-dependent and NO-independent manner.
Amino Acids. 2014 Dec;46(12):2643-52. doi: 10.1007/s00726-014-1815-y. Epub 2014 Aug 6

※5:
Acute supplementation with eicosapentaenoic acid reduces platelet microparticle activity in healthy subjects.
J Nutr Biochem. 2012 Sep;23(9):1128-33. doi: 10.1016/j.jnutbio.2011.06.006. Epub 2011 Dec 1.

※6:
Inhibitory effect of ginkgolide B on platelet aggregation in a cAMP- and cGMP-dependent manner by activated MMP-9.
J Biochem Mol Biol. 2007 Sep 30;40(5):678-83.

※7:
Ticlopidine with Ginkgo Biloba extract: a feasible combination for patients with acute cerebral ischemia.
Thromb Res. 2013 Apr;131(4):e147-53. doi: 10.1016/j.thromres.2013.01.026. Epub 2013 Mar 7.


山本 義徳

Page Topへ