「リラックス」して風邪や腰痛を防ごう!

「リラックス」して風邪や腰痛を防ごう!

「バカは風邪をひかない」と言われますが、これは根拠のないことではなく、余計なストレスを感じない気楽な性格だとコルチゾルも分泌されにくく、その影響で免疫力が高まるのです。
逆に何事も深刻に考えてしまう人はコルチゾルも増え、免疫が低下したり脳に悪影響を与えてしまったりします。

また面白いことに、腰痛の原因の一つは「怒り」であるという説も出てきていて、交感神経が興奮すると血管が収縮し、老廃物が蓄積したり筋肉が固まったり、神経障害が起きてしまったりということが原因だとされます。

ただしそれは、筋肉と言うよりも筋膜に起こる現象かもしれません。いわゆる「筋膜」には平滑筋様細胞も存在し、その周辺には交感神経線維が豊富に存在することが判明しています。(Staubesand & Li 1996))

そして心理的ストレスや不安などによる交感神経の活性化はTGF-β1(トランスフォーミング増殖因子β1)の発現を促し、これは免疫系T細胞に悪影響をもたらしてしまいます。(※1)
これもストレスによる免疫低下の一因となります。

またTGF-β1は筋線維芽細胞の収縮を引き起こすため、筋膜の収縮が増加(緊張)します。そして筋肉はなにもしない状態だと柔らかいはずなのですが、安静時の筋緊張は筋膜の固さによって、大きく影響されるのです。(※2)
つまりストレスを抱えた状態だと、普段でも筋肉が緊張した状態となり、腰痛を引き起こしてしまうのかもしれません。

ちなみに低酸素状態において線維芽細胞が筋線維芽細胞に分化しやすくなります。(※3)BFRトレーニングがケガを早く治すのは、この影響であることも考えられます。

バカになる必要はありませんが、風邪や腰痛に悩まされがちな人は、なによりも先に余計なストレスを避けることを考えるべきかもしれません。


※1:
The sympathetic nervous system modulates CD4(+)FoxP3(+) regulatory T cells via a TGF-beta-dependent mechanism.
J Leukoc Biol. 2009 Dec;86(6):1275-83. doi: 10.1189/jlb.0209107. Epub 2009 Sep 9.

※2:
Human resting muscle tone (HRMT): narrative introduction and modern concepts.
J Bodyw Mov Ther. 2008 Oct;12(4):320-32. doi: 10.1016/j.jbmt.2008.05.007. Epub 2008 Jul 7

※3:
Stromal fibroblasts synergize with hypoxic oxidative stress to enhance melanoma aggressiveness.
Cancer Lett. 2012 Nov 1;324(1):31-41. doi: 10.1016/j.canlet.2012.04.025. Epub 2012 Jun 1.


山本 義徳

Page Topへ