カラダづくりを促進してくれる食品中の成分

カラダづくりを促進してくれる食品中の成分

青いトマトに含まれるTomatidineという成分が、mTORC1を活性化することにより、筋肥大と筋力向上を促し、体脂肪を減らすことが発見されました。これは高齢者の筋萎縮を防ぐために行われた研究の一環ですが、Tomatidineを抽出してサプリメントとして摂取できるようになれば、レジスタンストレーニングの効果を高めることが期待できそうです。

Systems-Based Discovery of Tomatidine as a Natural Small Molecule Inhibitor of Skeletal Muscle Atrophy
http://www.jbc.org/content/early/2014/04/09/jbc.M114.556241.abstract

また既に知られているものとしては、リンゴの皮などに多く含まれる「ウルソル酸」にも似たような作用があります。こちらはmTORの上流にあるAktのほうを活性化させるようです。体脂肪を減らす作用が大きく、また摂取カロリーが少ないとき(減量中など)における筋萎縮を抑える効果があると思われます。

Ursolic Acid Increases Skeletal Muscle and Brown Fat and Decreases Diet-Induced Obesity, Glucose Intolerance and Fatty Liver Disease
http://www.plosone.org/article/info:doi/10.1371/journal.pone.0039332

なおタマネギにはテストステロン増加作用、加齢に伴うテストステロン低下抑制作用があるようです。これはタマネギに含まれる含硫アミノ酸(タマネギアリイン:イソアリイン、シクロアリイン、メチイン)の作用だと言われ、マウスの実験ではテストステロンが3.2倍に増加しています。
なお同じ実験で、42週におけるタマネギアリイン摂取群のマウスは生存率が92%だったのに対し、非摂取群の生存率は64%でした。
しかしタマネギを大量に食べるのは難しいので、サプリメントとしてタマネギアリインを抽出したものが有用だと思われます。これが2014年4月22日より、日清ファルマから通販限定で買えるようです。
でもまだ高いので、しばらく様子を見て安くなるのを待ったほうが得策かもしれません・・

含硫アミノ酸含有タマネギエキスの機能性評価
http://nenkai.pharm.or.jp/134/pc/ipdfview.asp?i=2845

日清ファルマ 男性の活力を応援する栄養補助食品「T-アリイン」を新発売
~タマネギ由来の“タマネギアリイン”を独自製法で濃縮~
http://www.nisshin.com/company/release/details/pdf/140415.pdf


こちらはラットの実験ですが、ザクロジュースにはテストステロンレベルを高め、精子の質を上げたり抗酸化作用を発揮したりする可能性があります。
Effects of pomegranate juice consumption on sperm quality, spermatogenic cell density, antioxidant activity and testosterone level in male rats.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18222572

このように見てくると、トレーニングに役立つ物質が様々な食品の中に隠されているのが良く分かります。これからの発見に大いに期待しましょう。


山本義徳

Page Topへ