普段からストックしておきたい食材とは?

普段からストックしておきたい食材とは?

計算がズレて、給料日前なのにプロテインが切れてしまった。突然デートが決まったので、日曜までに少しでも痩せて見えるようにしたい。
このようなピンチは意外に多いものです。そんなときのために、普段から常備しておきたい「食材」について、いくつか紹介しておきましょう。

◇小麦タンパク粉
製菓材料として販売されている小麦タンパクの粉。ネットで安いところを探すと、250g入っているものが300円ちょっとで買えたりします。さらに100gあたりのタンパク質は75g以上。そこらのプロテインを上回っています。
さらにさらに、小麦タンパクというのは実はグルタミンが非常に多く、全体の40%がグルタミンなのです。ちなみにグルテンから発見されたため、グルタミンという名前になったということもあります。

ただし味は悪いし、溶けにくいです。でも、「プロテインやべぇ!」というときに、残ったプロテインに少しずつ混ぜてカサを増していけば、新しいプロテインが届くまで持たせることができるはず。サプリメント棚の奥にそっと忍ばせて、いざというときのためにストックしておきましょう。

◇ゼラチンパウダー
これも製菓材料として安価に購入することができます。ゼラチンにはトリプトファンが含まれないためプロテインスコアはゼロなのですが、ご存じのとおりゼラチンとはコラーゲンのこと。アミノ酸としてはグリシンとプロリン、アラニンが多く含まれます。
やはりそのままではマズイし、溶けにくいので、「プロテインのカサを増す」ためのストックとしてとっておくといいでしょう。

美容を求める方がコラーゲン摂取のためにゼラチンを飲むというのもアリです。その場合、パイナップルジュースに溶かして30分ほど放置しておくと、コラーゲンがペプチドに分解されて効率よく吸収されます。
なお私のコラムを読んでいる方なら、「コラーゲンは分解されてしまって、そのまま吸収されないから、効果はない」なんて考え方が時代遅れだということはご存じですよね?

◇様々なハーブティー
薬局でたいてい買えるタンポポ茶。これにはカリウムを体内に保持する働きがあるため、余計な水を身体から抜いて浮腫みを減らしてくれる作用があるのです。また目や肝臓にも良い働きがあります。ラベルに書いてある説明より、ちょっと濃いめに作って飲むようにすれば、翌朝には浮腫みがとれてスッキリしているはずです。

そして胃の調子が悪いときにお勧めのペパーミントティー。胃酸を抑え、逆流性食道炎などにも効果的です。目を覚ます作用もあるので、カフェインが苦手な人にもお勧め。ミントの香りがダメな人は、カモミールティーにも胃の調子を整える効果があります。


山本 義徳

Page Topへ