BFRトレーナー資格取得講座 in 東京のご案内

BFR(Blood Flow Restriction:血流制限)トレーニングは、非常に軽い重量で効果を出すことができるトレーニング方法です。通常はトレーニングの効果について、1RM(レペティション・マキシマム:トレーニング時に持ち上げることによって効果のあるとされる最大限の重さ)の60%以上の重さを必要としていますが、BFR(Blood Flow Restriction)トレーニングでは1RMの20%程度の重さで効果を得るとができます。それだけに適正な血流制限を超える数値での長時間のトレーニングを行うことは、静脈血栓の発生、冷感、しびれ、皮下出血などの症状を引き起こすリスクがあります。安全で的確なトレーニングの指導を行い、より多くの人たちにその効果を実感してもらえるよう、正しい知識と技術を持ったトレーナーを育成します。

http://www.bfr-trainers.jp/seminar/apply/20150215_5.html



Page Topへ